HOME > 採用情報トップ > ニッチな市場でNo.1企業
ニッチな市場でNo.1企業です。
スプライサーって何?

世の中にある紙製品、フイルム製品、ラベル製品などは元をたどるとロールの形状をしています。
(トイレットペーパーを大きくしたような形です)
このロール状の紙、フイルムなどをほどき出して印刷したり、コーティングしたりしますが、紙、フイルムがなくなるたびに機械を止めて新しいロールをセットしてつないでいては効率が悪くなり、その度に不良品が発生してしまいます。
古いロールがなくなる前に新しいロールを準備しておき、古いロールがなった瞬間に新しいロールにつなぐことを「スプライス」すると言います。
スプライス」を自動で行う機械が「スプライサー」です。
イソワ・フーパースィフトでは紙、フイルム、ラベルなどをあらゆる素材に対応できるスプライサーを1台1台お客様基準で製作するスプライサー専業メーカーなのです。

「紙幣」を作る機械にもイソワ・フーパースィフトの機械が活躍してるんですョ。

段ボールを作る機械にも「スプライサー」は必須なんです。
ISOWAが製造している「段ボールを作る機械」にも「スプライサー」が組み込まれています。
ISOWAの機械と一体になって初めて段ボール機械が作り上げられます。
ですからISOWAとのチームワークはとても重要で日常的に良好なコミニュケーションをはかっています。